» R230 SL やっと販売掲載

R230 SL やっと販売掲載

本日現在、中古車販売サイトで「日本に1台しかない」という個体

「R230のSL350の後期モデルのAMGスポーツパッケージの左ハンドルのダイヤモンドホワイト」

特別な車ではありますが

価格的にはリーズナブルな価格帯になっていると思います

SLはバリオルーフですので

トランクがアベコベに動きます。

ルーフの開閉はこの動きになります。

そして、

トランク開閉は、普通にこうなります。

ゴルフバックが入ります。

1Wと3Wと5Wあたりを

一旦、バックから出して

バックを入れた後に、1Wと3Wと5Wを載せたバックの上の置けばOKです。

助手席にゴルフバックを置いたりクラブを置いたりせずにオープンで走行できるのも

SLだけかと思います^^

写真の様に

トランクの動きがアベコベですので

SLは、バックカメラが付いていない個体が殆どなのです。

新車時も、バックカメラの設定が無かった?事もあり

純正のナビ画面のままの個体にバックカメラを付けるには

インターフェイスKITで・・でも、その部品がもう無い。。。

となると、ナビ自体を変換するしかないのですが

これがまた高価となります・・

ですので、この個体のように

ナビを変換してあって

バックカメラが付いてて

加えて、Bluetoothにも対応

更に、走行中のTVも写る

これだけで、100万円の価値があると言っても過言ではありません^^

前ブログでも記しましたが

気になる箇所は綺麗にして

機関的なチェックもおこない

やっと販売掲載スタートできました。

サンバイザーを開けて掃除をしていた際に

ボキッ!と鏡の蓋が取れて(割れて)しまいました(泣)

プラスチック部品の経年劣化かと思いますが、

直そうと試行錯誤していましたが、割れた部品は直らず・・

新品に交換です^^

標準仕様のSLはルーフライニングカラーがグレーですので

サンバイザーや鏡の蓋もグレーなのですが

AMGスポーツパッケージの内装カラーは、専用のブラックカラーとなります。

ブラックカラーのこのパーツがなかなか見つからず

国内に左右揃うのは1セットしかないのを確保しました♪

部品代、高かったです・・・(汗)

それにしても

このサンバイザー

バニティーミラーの蓋を開けると上部のライトが点灯するのですが

蓋が上に開く為、ライトの意味が無いように感じます(笑)

なんの為にライトが付いているのでしょう??

まぁ、これは愛嬌ですかね(笑)

R230は、「エアスカーフ」が装備されています。

僕はオープンカー所有の経験上、

冬場のオープン走行でも、左右のウィンドウを上げて

ヒーターを出して、

シートヒーターをONにしておけば、

寒さはあまり感じませんでしたし、超~爽快で気持ちが良いものです♪

エアスカーフは

シートバックに内蔵された超小型セラミックヒーターによって

暖められた温風をシートに内蔵されたダクトを通して首元に温風を当ててくれます。

しかも、外気温や走行速度に応じて自動的に電子制御してくれます。

是非、経験したいものですね♪

きっと快適な冬場の夜のオープン走行を楽しめるでしょう♪

写真を撮っていても

「AMGスポーツパッケージ専用」

シルバーステッチなインテリアが素敵な空間です。

よ~く見ると

ステッチが少しヨレヨレしてますが(笑)

まぁ、愛嬌で(笑)

加えて、これもAMGスポーツパッケージ専用の

ブラックアッシュウッドパネルも上質な空間を醸し出しています。

とても良いですね♪

勿論、シフトレバー上部のエンジンスタートボタン「キーレスゴー」

特別な演出感があります。

アストンのガラスECUキーによるエンジンスタート方式も大好きですが

このキーレスゴーもカッコいいです♪

長くなってしまったので

この続きはまた。