» Mモデル史上最強のプレミアムセダンBMW M5

Mモデル史上最強のプレミアムセダンBMW M5

探しても、そうそう無いであろう

アルピンホワイトのBMW M5 の左ハンドル車」の新入庫車です。

勿論、整備記録簿完備の正規ディーラー車です。

1モデル前の4代目のM5は、

当時のF1レースのエンジン規定だったV型10気筒エンジンを基に

5,0LのV10エンジンを搭載していましたが

街中での乗りにくさや、ハイパワー故のトルクの出方がユーザーに受け入れられなくて

車検を待たずに手放すというパターンが多かったらしいです。

その後、F1のエンジンレギュレーションがV10からV8に変更になった事で

史上最強のセダンとして開発されたのが、この5代目のM5となります。

搭載される4.4L V型8気筒DOHCツインターボエンジンは、

最高出力は560ps。

歴代M5モデルの中で最もハイパワーとなりますね。

最大トルク69.3kgmを、こんなスーパースポーツなのにわずか1500rpmから5750rpmで発生します。

つまり実質的に実用回転の全域でたたき出すというイメージです。

0-100km/h加速は4.3秒!

ハイパワーエンジンながらバルブトロニックをはじめ、

高精度ダイレクト・インジェクションシステム。

そして、エンジン・オート・スタート/ストップ機構やエネルギー回生システムを搭載することで、

JC08モード燃費は9km/Lを誇ります。

これは、歴代M5の中でも最も高い燃費性能を誇っています。

M5のエクステリアは、

ベースとなる5シリーズと比べると、これ見よがしのエアロは付いていませんが

エンジン始動の瞬間は、低音で「ウォン!」と唸り、

アイドリング音も、低音で「ウォウォウォウォ」的なサウンドなので

ただの5シリーズのセダンだと思っていたであろう周りの人は

そこではじめて「????!!!」という感じになります(笑)

まさに「羊の皮をかぶった狼」そのものです

搭載されるミッションの7段DCTドライブロジックには、

シフトレバーを前後にフリップするマニュアルモードもありますが、

Dレンジに任せっぱなしにしていても

560馬力と怒涛のトルクで、どの域からでも超絶的な加速をします。

とはいえ、

車好きな性・・色々な機能で遊んでみたくなるもの♪

まずは、シフトレバーの根元を囲んで並ぶボタンをがそれです。

①パワーステアリングの重さ

②ダンパーの硬さ

③アクセルレスポンス

これらを、それぞれ別個に「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+(プラス)」の

3レベルに選択ができます。

よくあるような「変わった気がする」ではなくて

1つ押すたびに、豹変します。

クラッチミートの鋭さも選択できます。

「スパンッ!スパンッ!」と綺麗に早め早めにシフトしていく感じの「1」から

「グォァ~~~~~~~~~ン」と、高回転まで引っ張る「3」まで切り替え可能です。

大人4人が快適にゆったり移動できて、

ゴルフバックや荷物も不自由なく積み込めて、

ラグジュアリーの世界を謳歌できるような雰囲気を漂わせながら、

その気になったら(ぃゃ・・ならなくても と言った方が良いかも・・)

超絶な速さとパフォーマンスを誇るセダン。

ノーマル然とした佇まいから「大人の余裕感」を醸し出す1台です

低走行で、状態が良くて、

そして、

丁寧に大切に乗られていた事が如実に分かる個体状態な

ホワイトボディーの左ハンドル車。

これ、そうそう無いです^^。

販売準備中ですので

掲載スタートまでもう少しお時間がかかります・・(汗)