» シャレの効いた愉しいのが入りました♪

シャレの効いた愉しいのが入りました♪

ブレーキを踏まなくてもアクセルを離せば自動的にブレーキがかかって減速する・・

そんな便利で安全な車が流通する昨今ですが

マニュアルミッション車の根強い人気はいつの時代でもあります。

コンパクトなボディーサイズで、

6速マニュアルで、

ステアリングもクイックレスポンスで、

そして、オープンカーだったら最高に愉しいじゃないですか♪

ペダル配置もヒール&トゥがし易いです^^。

まれに、アクセルペダルが手前にありすぎて

フルブレーキ時のブレーキペダルの踏みしろとアクセルの位置が合わなくて

足がツリそうになる車もあります。

マニュアルを楽しむ場の1つのサーキット走行は

オープンカーの場合ですと色々な制約があって

このままの状態での走行は難しいですが、

サーキット走行まではしない、

でも、ワインディングロードをサウンドを楽しみながら走りたい

海岸線を潮風の香りを楽しみながら走りたい

紅葉の中、夜の都心、など

オープンカーならではの愉しさと快感があります。

僕は自身でもオープンカーを4台、乗り継いでいますので

オープンカーの魅力を語りが出したら止まりません(笑)

今回、入庫した1台は

そんなオープンカーライフを送るのに最適な1台だと思います。

「MINI クーパーS ロードスター」

この車は、よくぞ作ったという車で

実用性を削ぎ落して2シーター化したボディーは

50mmもチョップドした全高と、

Aピラーも、コンバーチブルに比べて13度も寝かせた佇まいは

メチャクチャカッコよいのです。

サイドから眺めると乗員の着座位置が丁度、真ん中になるのが分かります。

たいがいの車は乗車位置より後ろが長くなってチョット・・・という感じになるのですが

このポジションはカートですね(笑)

エンジンは、直列4気筒DOHC16バルブインタークーラーターボで

184psとなります。

車重が1240kgしかないので、乗り味はライトウェイトなスポーツカー感覚を味わえます。

このロードスターというグレードは

4年間しか生産されなかったので

状態の良い個体はなかなか無いです。

マニュアル車故、走るために改造されていたり、

荒れてしまっている個体も多い中

この個体は、とてもクオリティが良くて気持ちよい状態です。

次回に、細かく案内していきたいと思います♪